鍼灸院まごのて堂 あきる野院の地図ページ/あきる野市秋川

国内最大級の店舗・施設の検索・口コミサイト

お得な情報
このエリアでお店探しをしているあなたへ
のお得な情報が届いています。
鍼灸院まごのて堂 あきる野院
店舗公式
このマークはお店がエキテンの店舗会員向けサービスに登録している事を表しており、お店の基本情報は店舗関係者によって公開されています。

『超音波エコー』×『鍼施術』/辛い痛み・シビレ専門鍼灸院

シンキュウインマゴノテドウ アキルノイン

鍼灸院まごのて堂 あきる野院

3.97
評価詳細

お店の点数は、口コミ投稿で付けられる「おすすめ度★」をもとに、独自の計算式で算出しています。参考になる口コミを多く投稿しているユーザーの口コミほど高く評価されます。

評価分布
5.00
62
4.50
16
4.00
8
3.50
0
3.00
0
2.50
0
2.00
0
1.50
0
1.00
0
口コミ 86
86
41
東京都あきる野市秋川2-19-7ビューパレーさくら 1棟 102
電話で予約・お問い合わせ

090-3237-9618

お問い合わせの際は「エキテンを見た」とお伝えください。

口コミ投稿 写真投稿
  • 行った
    86
  • 行きたい
    1

地図

東京都あきる野市秋川2-19-7ビューパレーさくら 1棟 102

店舗情報詳細

店舗名 鍼灸院まごのて堂 あきる野院
ジャンル
  • 鍼灸
  • 接骨・整骨
  • マッサージ
住所
東京都あきる野市秋川2-19-7ビューパレーさくら 1棟 102
アクセス/最寄駅

秋川駅から徒歩5分。あきがわJA、郵便局、水道局の通り沿いの、水道局の目の前。

  • 秋川駅(420m)
  • 武蔵増戸駅(2.5km)
  • 東秋留駅(2.5km)
電話
電話で予約・お問い合わせ

090-3237-9618

お問い合わせの際は「エキテンを見た」とお伝えください。

URL
営業時間/定休日
09:00〜23:00
09:00〜23:00
定休日
定休日
09:00〜23:00
09:00〜23:00
09:00〜23:00
09:00〜23:00
  • 営業時間9:00〜23:00 最終受付22時となります。
  • 研修や学会出席のため、まれに診療日も休診日にする場合がございます。
駐車場 あり(無料)
  • 当院目の前の駐車場となります。
クレジットカード 利用不可
座席 全3部屋、個室使用
用途
メニュー
特徴 完全個室となっておりますので、女性でも安心して施術を受けて頂けます。
超音波エコーガイド下鍼施術! 超音波エコーと鍼施術の融合による、痛みやシビレの根本施術となりますので、お困りの方は当院にご来院ください。
最終受付22時!お仕事後に本格施術を! 最終受付が22時ですので、仕事終わりに本格施術を受けれます
紹介文 ★なかなか治らない患者様がご来院されています。
 『腰痛』『首肩こり』『坐骨神経痛』『脊柱管狭窄症』『ヘルニア』『手根管症候群』『顔面神経痛』『ぎっくり腰』『TFCC損傷』『変形性膝関節症』『四十肩』etc

★痛み・シビレ専門!超音波エコーで観察しながら鍼施術 <エコー観察下 鍼施術>

★一般社団法人 日本超音波鍼灸協会 所属 教育セミナーにて受講者に技術指導を行う

★秋川駅南口から徒歩5分 駐車場 目の前

★完全個室、土日も営業 最終受付22:00〜

= 鍼灸院 まごのて堂 あきる野院=
+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+

■他と何が違うの?施術の根拠(エビデンス)を教えて!

痛み・シビレの『原因8割が原因不明』とされてきたのはご存知ですか?
解明されていた原因の2割は『骨』や『神経』・『関節』に由来する症状です。

★つまり今までの施術法は『解明されている原因2割』から作られたものがほとんど!

近年やっと原因8割の解明が大きく前進しました。
それがMPS(筋膜性疼痛症候群)、『簡単に言うと筋肉の病気』です。
意外かもしれませんが、これまで医療界では『筋肉からは痛みやシビレは出ない』(筋肉痛を除く)とされていました。筋肉から痛みやシビレが出ると言う『根拠が無かった』からです。

★つまり『筋肉は施術対象外』だったのです。(だから筋肉に対する施術が発展しなかった!)


このMPS(筋膜性疼痛症候群)『筋肉の病気』に特化した鍼施術が当院の手法であり、この根拠に基づいてエコーを導入している医療機関では、医師は『超音波エコー』と『注射』で治療し、当院の様な鍼灸師は『超音波エコー』と『鍼』で施術しています。

■なんで筋肉の病気(筋膜性疼痛症候群)になるの?

私達は長距離を歩いたり、重いものを持ち上げたりすると『疲れたり』時には『痛くなったり』しますよね?
これが『軽度』の筋肉の病気(筋膜性疼痛症候群)です。
難しい名前ですが、ご経験がある方が多いのではないでしょうか?

人間には悪くなった身体の部位を治す力があります。いわゆる『免疫力』と言うものですね!
軽度の筋肉の病気(筋膜性疼痛症候群)であれば、人間本来の力で治すことが出来るので、ずっと痛くなったりはしません。

しかし『長時間のパソコン作業』や『長年の家事』・『肉体労働』等、度重なる負担の末に、『重度』の筋肉の病気(筋膜性疼痛症候群)になってしまうと、人間の『免疫力』だけでは治せなくなってしまいます。

★つまり『疲労』や『一時的な筋肉痛』を通り越し、人間本来の回復力だけでは治せなくなったしわ寄せが、重度の筋肉の病気(筋膜性疼痛症候群)を引き起こすのです!


■どうやって施術するの?施術の流れは?

当院では『超音波エコー』と『鍼』を用いて施術します。
エコーを当てて施術して、はい!よくなりました!こんな簡単だったらいいのですが、、、。

身体には300を超える筋肉があります。
その300を超える筋肉の中から『動きの検査』や『患者様のお話』・『触診』を用いて悪くなっている患部(筋肉)を探し出します。

①問診(患者様のお話をきく)
②動きの検査(痛みが出る動き、動く範囲など)
③触診(実際に患部に触れて確認)

の順番です。
これらがしっかりと出来ていないと、痛みの原因部位が見つけられていない為、エコーを使ってもまるで意味がありません。だってそこに原因はないのだから、、、。

痛みの原因部位を定めてから、エコーで患部の観察です。
・動きはどうかな?
・炎症は起きていないかな?
・どの部位が特に痛みを出しているかな?
etc

これらをエコー観察したのち、施術を展開していきます。
また使用する鍼は患者様の感受性に合わせ細い鍼〜豊富に揃えてあるので安心です。

○痛みを感じる場所が原因ではない!
筋肉の病気(筋膜性疼痛症候群)の大きな特徴の一つとして、「関連痛」と呼ばれるものがあります。
筋肉の病気(筋膜性疼痛症候群)になると、痛みを感じる場所は局所だけでなく、遠くの場所に痛みを感じことがとても良くあります。。
これが「関連痛」です。

具体的に例を挙げると、《肩》に筋肉の病気(筋膜性疼痛症候群)が起きると《肘》や《指先》にまで痛みを飛ばす事が多々あります。
つまり大切なのは『痛みを感じる局所だけでなく、関連痛も疑いながら検査をしていく』こと。
この『関連痛』を知らない先生方は非常に多く、その結果『患者様が痛みを感じる場所だけの施術』になってしまい、原因は施術されない状態に!
当院は関連痛を考えた、多数の臨床経験から広い視野で施術を展開していきます!

二次元コードを読み取ってスマートフォンからアクセスできます。

HTMLタグをブログに貼り付けて、お店の情報を掲載しよう!

店舗からのお知らせ
2016/12/26
年末年始の営業時間
投稿された写真

店舗関係者の方へ

無料で、あなたのお店のPRしませんか?

お店が登録されていない場合はこちら

既に登録済みの場合はこちら