伊藤はり灸院 快成堂のチラシ/吹田市垂水町

国内最大級の店舗・施設の検索・口コミサイト

お得な情報
このエリアでお店探しをしているあなたへ
のお得な情報が届いています。
伊藤はり灸院 快成堂
店舗公式
このマークはお店がエキテンの店舗会員向けサービスに登録している事を表しており、お店の基本情報は店舗関係者によって公開されています。
イトウハリキュウイン カイセイドウ

伊藤はり灸院 快成堂

3.35
評価詳細

お店の点数は、口コミ投稿で付けられる「おすすめ度★」をもとに、独自の計算式で算出しています。参考になる口コミを多く投稿しているユーザーの口コミほど高く評価されます。

評価分布
5.00
1
4.50
0
4.00
1
3.50
0
3.00
0
2.50
0
2.00
0
1.50
0
1.00
0
口コミ 2
口コミ 2
写真 14
住所 大阪府吹田市垂水町1丁目55−2メゾンワタナベ102
営業時間
  • 16:00~20:00
定休日:日・祝
電話で予約・お問い合わせ

06-6338-0330

本日の営業時間:
  • 16:00~20:00

お問い合わせの際は「エキテンを見た」とお伝えください。

口コミ投稿 写真投稿
  • 行った
    4
  • 行きたい
    0

チラシ

1-5件を表示(全9件)
  • 投稿日
    2018/01/29
    はまぐりと玉子のスープ
    はまぐりと玉子のスープ

    はまぐりの味が出るので、ダシいらずでも結構おいしくなります。固くなるから、貝を煮すぎないように気をつけて下さい。

    《作り方》
    ①6人前で、はまぐりのむき身小30粒を水洗いして水気をきり、塩と砂糖それぞれ小さじ1/2杯、しょうがのしぼり汁少々、片栗粉小さじ1杯をふりかけて、下味をつけておきます。
    ②にんじん4〜5cm、しいたけ2〜3個、さやえんどう1つまみは、いずれもせん切りにして、固いものからゆでておきます。
    ③水5カップを火にかけ、塩小さじ1.5〜2杯化学調味料で味をつけ、はまぐりを一つずつとって入れます。(汁がにごるから、皿の汁は入れぬこと)
    ④煮立ったら弱火にして、あくをとり、片栗粉大さじ2杯の水どきで、汁に濃度をつけ、玉子2個をほぐして、流しこみ、軽くかきまぜます。
    ⑤スープ皿にとり分け、ゆでた野菜を色どりよく散らします。

    東洋医学
    ・喘息や、咳。
    ・むくみ。
    ・出来物と痔。
    ・胸痛、腰痛、婦人の崩中漏下、口渇。
    続きを読む
  • 投稿日
    2017/11/20
    冬の養生
    冬は「寒」の季節で、東洋医学では臓器との関わりでは「腎」に属します。
    『素問』四気調神大論より冬の養生のことが書かれています。
    冬三月、此謂閉蔵。水冰地坼、無擾乎陽。早臥晩起、必待日光、使志若伏若匿、若有私意、若已有得。去寒就温、無泄皮膚、使気亟奪。此冬気之応、養蔵之道也。逆之則傷腎、春為痿厥、奉生者少。
    「冬の三月を、閉蔵と言う。
    水は凍り、地は裂ける。陽気をかき乱してはならない。
    早寝遅起き、必ず日が昇るのを待って起きる。
    志は伏せて、静かにしておく。
    私意ある如く、すでに得るが如き、
    寒をさりて温め、皮膚より洩らさず、気を奪われてはならない。
    これが冬に応じること、養蔵の道である。
    この気に逆らえば、腎をそこない、
    春に足がしびれる病となり、生を助ける気が少なくなる。」
    冬の時期はあまり活発に動かず、精を蓄えておくこと。冬に無理をすると、春になっても陽気が発動せず体調が上手くいかなくなります。山芋、豚の腎臓、エビ、黒豆、クルミ、胡麻などが腎を補う食物です。
    続きを読む
  • 投稿日
    2017/11/09
    施術効果と回数
    ●施術効果と回数について
     鍼灸施術の効果は発症して日の浅い病いほど早く軽減します。一回の施術で激しい症状がピタリと軽減することがしばしばありますが慢性症状になりますと気長に続けなければなりません。施術は毎日続けた方が効果的ですが症状により一日おき二日おき又は一週間に一回程度で快癒してゆく場合もありますから指示通りご来院下さい。
    続きを読む
  • 投稿日
    2017/08/28
    下痢
    ●まず水分補給を。
    ◎風邪による下痢
    ◎暴飲暴食による下痢
    ◎ストレスによる下痢
    ◎胃腸が弱い事による下痢
    ◎元気の足りないことによる下痢
    突然起こる下痢は、そのほとんどが一過性のもので、いくつかの原因が考えられます。高熱や腹痛を伴うことが多く、下痢の症状も激しいので、医師の受診が必要です。
     暴飲暴食による消化不良も原因の一つです。寝冷えや冷たいものをとりすぎたために下痢を起こすこともあります。また、試験前など精神的な緊張も原因になります。
     慢性的な下痢は、症状はひどくありませんが、長く続きます。体重が急激に減ったり、貧血を伴うようなら、内臓疾患の可能性もあるため、一度検査を受けたほうがよいでしょう。
     一過性の下痢なら、絶食も水分の補給をし、しばらく食事に注意すれば数日でおさまります。冷たいものは腸を刺激しますから、水分(煎じ汁も)は必ず温かくして飲みます。。
     下痢止めの薬の服用は厳禁です。腸の内容物を早く出すための自己防衛的な下痢もあるからです。

    ●下痢のときは、保温と腸に優しい食事を
     ◎安静にする
     ◎腹部を保温する
     ◎ひどい下痢は絶食と水分補給を
     ◎下痢を悪化させる食べ物に注意
     ◎回復期にはタンパク質を

    ●強い殺菌力のあるハチミツ緑茶
    強い殺菌力を持つハチミツは、中医学では、チフス、腸炎、細菌性の下痢などに広く用いられます。また肝臓疾患や動脈硬化症にも効果があります。腸炎や細菌性の下痢には、ハチミツ緑茶がとても効果的です。緑茶のタンニンにも抗菌作用があり、便を硬くするはたらきもあります。緑茶15gを濃いめに煮出し、これにハチミツ65gを加えて1日1回服用します。

    ●冷えを伴う下痢にはヤマイモを常食
    やまいもは、滋養、強壮、はれもの、しもやけ、せき、健胃、整腸など広く用いられますが、中国では、これに加えて頻尿、夜間排尿過多、糖尿病、おりもの、精神倦怠などの治療にも利用されます。冷え症で下痢をしやすい人は、ヤマイモを常食するとよいでしょう。この場合は、生より、すりおろしたものをお粥にしたり、スープにしたりしてあたためて食べたほうが効果的です。

    ●細菌性の下痢にはにんにくのしぼり汁
     にんにくには細菌に対する抗菌作用があり、腸の働きを正常にする効果があります。腸に対する刺激はにんにくの量によって異なります。大量に食べると腸の蠕動運動を抑制するのです。したがって下痢の人は少し多めに食べます。ただし空腹時の生食は避けます。
     外用もあり、かぜなどによる細菌性の下痢には、5〜10%にうすめたにんにくのしぼり汁で浣腸するとよくなります。




    続きを読む
  • 投稿日
    2017/08/09
    食中毒
    食中毒は毒物を早く体外に出すことが必要。
    食中毒とは、飲食物に混じった細菌、自然毒、化学物質によって腹痛、吐き気、下痢、嘔吐、発熱などの症状を起こすことです。
    原因となるものを食べてしまったら、すぐに吐くことが大切です。食塩水を大量に飲み、人差し指と中指で舌根を押さえる様にして吐くとよいです。
    吐いた後は、寝て安静と保温を心がけ、下痢が止まるまでは絶食します。
    しかし口が渇く時は、お茶などの水分は十分摂るようにします。ただし食後10時間以上たってから症状が表れた場合は、大至急病院へ行きましょう。その際、嘔吐物や食べ残しをビニールに入れて持参すると、診断の手助けになります。
    食中毒は日ごろの注意で予防することができます。食べ物、特に肉や魚介類をすぐに食べない場合は、5度以下の冷蔵庫で保存し、食べる前にはよく加熱調理すること、また調理器具の熱湯消毒、ネズミやゴキブリの駆除も食中毒を防ぐ上で大切なことです。
    ● 食中毒時に有効な食事
    ・吐きたくても吐けない時は生あずきの粉末
    食中毒の時は、勝手に薬などを飲んで嘔吐を止めてはいけません。
    原因となった食べ物をすぐに吐いて、体外に出す事がもっとも大切です。
    吐き出したくても吐き出せない時はあずきが効果的です。吐きたい時は、生あずきの粉末を利用します。
    生のあずきをすり鉢ですって粉末にし、1回に5g程度を服用すると吐く事が安静にしているだけで治ります。
    ・強い殺菌力を持つしょうがの煎じ汁
    しょうがは薬味として料理に風味を与え、肉や魚の臭みを消すだけでなく、食中毒を予防する効果があります。原因となった食べ物を吐いてしまったのに、吐き気が止まらない時には、しょうが5gと乾燥させたカラスビシャクの根茎(生薬名は半夏)5gを600mlの水で半量になるまで煎じ、1日3回に分けて飲むと吐き気が治まります。また、回復後、食欲がない時にしょうがの絞り汁を飲むと食欲が増します。
    ●その他のオススメ
    ・食品、山野草
    吐き下しには、うめぼし1個を600mlの水で半量になるまで煎じて飲むと効果的です。梅肉エキスも同じ効果があります。スプーン半分の梅肉エキスを、コップ1杯の水で薄めて飲みます。またうめ酢をさかずき1〜2杯飲んでもよいでしょう。
    その他ヨモギは食中毒による胃腸の痛みに、ダイコンやトウガンは魚や肉の中毒にもよいでしょう。
    続きを読む
  1. 1
  2. 2

店舗情報詳細

店舗名 伊藤はり灸院 快成堂
ジャンル
  • 鍼灸
  • マッサージ
  • 接骨・整骨
住所 大阪府吹田市垂水町1丁目55−2メゾンワタナベ102
アクセス

地下鉄御堂筋線「江坂」駅より徒歩7分

最寄駅

  • 江坂駅から660m
  • 豊津(大阪)駅から930m
  • 関大前駅から980m

バス停

  • 豊津小学校前バス停から13m
電話
電話で予約・お問い合わせ

06-6338-0330

本日の営業時間:
  • 16:00~20:00

お問い合わせの際は「エキテンを見た」とお伝えください。

URL
駐車場 なし
  • 近くのコインパーキングをお使いください
クレジットカード 利用不可
用途
メニュー
特徴 アトピー性皮膚炎 不眠症 腰痛 肩こり 不妊症 夜泣き 冷え症 喘息
アトピー性皮膚炎 難治性のアトピー性皮膚炎の疾患でお悩みの方もご相談ください。鍼灸により身体の調子を整えましょう。
不眠症  いろんな症状の不眠があります。 不眠でお悩みでした当医院にご相談ください。
冷え症 冷え症の原因と思われるのは、まず貧血など血液が少ないことや、うっ血による血の巡りの悪さによるもの、体内の水分の停滞によるもの、元気がなくなり新陳代謝が低下してなるものなどがあります。
喘息 ストレスなどによるもの、外邪による咳、呼吸困難(肺虚)とそれ以外の暴飲暴食、睡眠をとらない、過労などの不節制が原因により臓腑に悪影響を与え、症状を起こすことになると考えています。
小児 小児の病気で慢性の症状で最も多いのは、疳虫、アトピー性皮膚炎、喘息、夜尿症です。いずれも鍼灸の適応症です。ただし、定期的に通院続ける必要があります。

本サービスの性質上、店舗情報は保証されません。
閉店・移転・情報の誤り等がある場合は、編集ページにて修正してください。

二次元コードを読み取ってスマートフォンからアクセスできます。

HTMLタグをブログに貼り付けて、お店の情報を掲載しよう!

スポンサーリンク

この近くのお店

店舗関係者の方へ

無料で、あなたのお店のPRしませんか?

お店が登録されていない場合はこちら

既に登録済みの場合はこちら