ケロイド・肥厚性瘢痕治療-にしやま形成外科皮フ科クリニックのメニュー/名古屋市中区栄

国内最大級の店舗・施設の検索・口コミサイト

お得な情報
このエリアでお店探しをしているあなたへ
のお得な情報が届いています。
にしやま形成外科皮フ科クリニック
店舗公式
このマークはお店がエキテンの店舗会員向けサービスに登録している事を表しており、お店の基本情報は店舗関係者によって公開されています。
ニシヤマケイセイゲカヒフカクリニック

にしやま形成外科皮フ科クリニック

にしやま形成外科皮フ科クリニックのカタログの写真 - 美容皮膚科の漢方治療
3.75
評価詳細

お店の点数は、口コミ投稿で付けられる「おすすめ度★」をもとに、独自の計算式で算出しています。参考になる口コミを多く投稿しているユーザーの口コミほど高く評価されます。

評価分布
5.00
40
4.50
4
4.00
11
3.50
1
3.00
1
2.50
0
2.00
0
1.50
0
1.00
0
口コミ 57
口コミ 57
写真 9
住所 愛知県名古屋市中区栄3丁目14−13ドトール名古屋栄ビル5F
営業時間
  • 11:30~19:00
定休日:なし
電話で予約・お問い合わせ

052-242-3535

本日の営業時間:
  • 11:30~19:00

お問い合わせの際は「エキテンを見た」とお伝えください。

口コミ投稿 写真投稿
  • 行った
    59
  • 行きたい
    6

メニュー詳細

ケロイド・肥厚性瘢痕治療

ケロイドとは?
赤くみみずばれのように盛り上がる傷跡は、一般的に「ケロイド」と思われることが多いですが、ケロイド・肥厚性瘢痕・肉芽腫・成熟瘢痕・瘢痕拘縮といったものの可能性があり、それぞれ治療法が異なります。

ケロイドは特に意識しないような小さな傷、たとえばニキビや毛嚢炎などからも発生することがあり、まるで何もない場所に突然できたようなものもあります。胸や肩、お腹(特に帝王切開をされた方の下腹部)、またBCGの注射跡、ピアスをあけた耳にできることもあります。

ケロイドの治療
1. 手術しない方法
1) 飲み薬
飲み薬ではトラニラスト(リザベン)が多く使用されています。これは抗アレルギー剤であり、ケロイドや肥厚性瘢痕の組織中にある各種炎症細胞が出す化学伝達物質を抑制することにより、痒みをはじめとする自覚症状を抑え、さらには病変自体を沈静化させると考えられているものです。また漢方薬の柴苓湯も使われることもあります。
2) 塗り薬
塗り薬としてはいくつかあります。炎症を抑える目的での、ステロイド軟膏・クリームやヘパリン類用物質軟膏などです。
3) テープ治療
多く利用されているものには、ステロイドのテープ(ドレニゾンテープ)や、シリコンジェルシートがあります。
4) 注射
ステロイド(ケナコルト)を注射することがあります。赤みや盛り上がりは著明に減少しますが、強すぎるとかえって凹んだ瘢痕になることがあります。塗り薬と同じく、ステロイドであるため、毛細血管の拡張が生じることがあり、周囲の皮膚の菲薄化が生じることもあるのが欠点です。

2. 手術する方法
1) 手術に対する考え方
ケロイドは、いままで解説してきた方法で軽快するようであれば、手術をしなくて良いですが、ひきつれの原因になったり、身体の目立つ所で醜状が問題となれば、手術の適応となります。
2) 摘出術
麻酔は小さいものであれば局所麻酔でも良いですが、大きいものだと全身麻酔で行います。切除する深さは、脂肪層に達するまで、硬い組織を全て切除します。

  • ケロイド
  • ピアスケロイド
  • 肥厚性瘢痕
  • ニキビケロイド
  • ケロイド
住所 愛知県名古屋市中区栄3丁目14−13ドトール名古屋栄ビル5F
アクセス

地下鉄名城線矢場町駅6番出口を出て、ナディアパーク方面より徒歩約5分。

最寄駅

  • 矢場町駅から370m
  • 栄(名古屋)駅から430m
  • 栄町(愛知)駅から530m

バス停

  • 松坂屋前バス停から110m

二次元コードを読み取ってスマートフォンからアクセスできます。

HTMLタグをブログに貼り付けて、お店の情報を掲載しよう!

スポンサーリンク

この近くのお店

店舗関係者の方へ

無料で、あなたのお店のPRしませんか?

お店が登録されていない場合はこちら

既に登録済みの場合はこちら

お店のPRをお考えですか? エキテンなら無料でPRができます。

エキテン 美容外科・形成外科 愛知県 名古屋市 中区 矢場町駅 にしやま形成外科皮フ科クリニック
エキテン 皮膚科 愛知県 名古屋市 中区 矢場町駅 にしやま形成外科皮フ科クリニック
エキテン 医療その他 愛知県 名古屋市 中区 矢場町駅 にしやま形成外科皮フ科クリニック

ページ上部へ戻る