けんせい整骨院のお知らせ/さいたま市南区南浦和

国内最大級の店舗・施設の検索・口コミサイト

お得な情報
このエリアでお店探しをしているあなたへ
のお得な情報が届いています。
けんせい整骨院
店舗公式
このマークはお店がエキテンの店舗会員向けサービスに登録している事を表しており、お店の基本情報は店舗関係者によって公開されています。

南浦和駅東口徒歩5分、3軒以上通っても変化しなかった方専門院

ケンセイセイコツイン

けんせい整骨院

3.53
評価詳細

お店の点数は、口コミ投稿で付けられる「おすすめ度★」をもとに、独自の計算式で算出しています。参考になる口コミを多く投稿しているユーザーの口コミほど高く評価されます。

評価分布
5.00
11
4.50
3
4.00
2
3.50
0
3.00
0
2.50
0
2.00
0
1.50
0
1.00
0
口コミ 16
口コミ 16
写真 14
住所 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目41−19
営業時間
  • 9:00~13:00
  • 15:00~19:30
定休日:日・祝
電話で予約・お問い合わせ

048-881-0584

本日の営業時間:
  • 9:00~13:00
  • 15:00~19:30

お問い合わせの際は「エキテンを見た」とお伝えください。

お電話がつながらない場合は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

口コミ投稿 写真投稿
  • 行った
    12
  • 行きたい
    0

お知らせ

41 - 50件を表示(全68件)
  • 2017/07/26
    高度整体〜両手指のシビレと仙骨の深部痛
    Yさんは先々週に続いての施術です。
    今日は、両手指のシビレと仙骨の痛み。

    このシビレは、幸いなことに、
    常にではないことです。
    (本日は長く続いているとの
    ことです)

    仙骨の深部痛は右側がより
    強くなっています。
    体幹を左右に捻る動きの可動域が
    殆どなく、痛みも出現します。
    ─━─━─━─━─━─━─━─━
    仰向けにて、仙骨の状態をチェックして
    みると、仙骨は右側では深く、左側は
    突出して歪みが出ています。

    大腿を使って仙骨の歪みを調整します。
    調整中は、仙骨の歪みで感じる圧痛が
    軽減していきますが、状態が良くないので
    余り軽減したとは感じてないようでした。

    ただ可動域はかなり良くなり、
    仙骨の深部痛は大きく変化していきました。

    両手指のシビレは、左の腸腰筋への
    アプローチでかなり減少してきました。
    腸腰筋は、首の根元の筋肉を緩める
    ので、シビレの種類によっては、
    大幅に軽減していくことがあります。

    最後に立位で、手首を使ったテクニック
    で腰や股関節のインナーマッスルを
    伸ばしていきます。腰が反りやすくなり、
    仙骨の歪みが綺麗になりました。

    シビレも頚椎や鎖骨などから
    アプローチすることもありますが、
    身体の繋がりを分析していくことで、
    身体の様々な所からアプローチする
    ことができます。
  • 2017/07/05
    7月のお知らせ
    7月の予定です。

      *7/17(月曜) 海の日 休み
  • 2017/07/02
    高度整体〜首の痛みは、腸腰筋で調整!
    毎月のメンテナンスで来院されるFさん。
    今日は左頚部〜左肩〜背中にかけての
    痛みを訴えています。

    ─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    首の動きの範囲は低下し、
    左回旋、上を向く動作では制限と
    痛みが出て来ます。
    また左鎖骨の痛みも出ている
    ようです。

    左肩は横からのバンザイ動作が
    制限され、痛みと共に、左の背中にも
    痛みが出て来ます。 

    体幹を右回旋してもらうと、左背部に
    ツッパリ感と痛みがあります。
    ─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    仰向けで始めます。
    頚椎は左にカーブしていて、圧痛も
    あります。後頭骨は右側が盛り上がって
    いす。

    頚椎の軸を合わせるテクニックを
    二種類行います。カーブが大方解消され
    てきましたが、尚少し残っているので、
    痛みが残っている頚部を触れつつ
    腹部の腸腰筋を操作すると、頚部の硬さが
    変化して柔らかくなってきました。

    Fさんに顔を左回旋してもらうと、最初に
    比べてかなり回旋しやすくなりました。

    左鎖骨の痛みは触れても感じますが、
    左頬骨の微調整で大部分軽減しました。

    座位になり、左肩を横からバンザイ動作
    してもらうと、首の歪みが改善したため、
    殆ど正常域まで出来るようになってきました。

    まだ動きに“重さ”もあったので、右肩
    の動きと神経反射を使って、動きの軽さも
    出てしました。

    尚、首の上を向く動作痛は、背中の下方の圧迫操作で、動作が楽になりました。

    左背部の回旋痛は、左母指と手首の調整を
    行いながらFさんに動いてもらい可動域をアップしていきます。

    今回は腸腰筋の操作や手首から体幹の
    痛みを調整しました。
  • 2017/06/08
    高度整体〜筋断裂した肩関節の可動性アップ
    五月に右肩関節の外転に関係する
    棘上筋を断裂したBさんが3回目の
    施術に来院されました。

    棘上筋は肩甲骨上方の棘上窩から
    上腕骨に付着する筋肉で、
    肩関節の外転運動(真横に挙げる)
    を補助する筋肉です

    この筋肉を断裂してから、病院の処置で
    3週間ほど固定していたとのことです。
    ─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    肩関節の挙上運動(前からバンザイ動作)は
    80度しかなく、横から挙げていく外転運動
    は60度しかありません。

    肩関節の可動性はかなり低下した
    状態です。また動作時痛もあります。
    ─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    今回は、患側の右肩関節を操作して
    施術すると、回復しつつある棘上筋に
    大きな負荷を掛けてしまう為に
    特別なテクニックで施術しました。

    反対側の左肩関節にアプローチする
    ことで右肩関節の可動域を制限している
    筋肉の緊張状態を緩和していきます。

    神経へのアプローチです。問題ない方の
    肩関節を使って施術することで、患側の肩関節の負担をかけないて施術できます。

    施術ごとに可動性テストをしますので、
    その度にBさんに可動性アップを確認して
    もらいます。Bさんも「おぉ〜!」と
    驚いてます。

    2〜3回行い、挙上運動は140度、外転運動は160度まで挙がるようになりました。

    患側を施術の為とはいえ、動かしすぎると
    回復しつつある筋肉を傷めてしまうことも
    あります。特殊な方法ですが、痛くない方の
    肩関節で行う施術は、安全で負担の
    ない方法です。
  • 2017/05/30
    高度整体〜ほんの少ししか動かない痛みの強い股関節の施術
    8か月ぶりにいらしたNさんは、
    4月から一ヶ月半続いている右股関節の痛みを訴えて来院されました。
    ─ー─━─━─━─━─━─━─━─━─
    昔から股関節の痛みは時々あったものの、今回はずっと痛みが治まらず、病院に受診したものの、股関節の関節窩が浅いので年齢的なものだと言われ、シップと痛み止めの処方のようでした。

    座位で膝上げテストすると、左膝は15センチほど上に挙げることができたが、右側は3センチと極端に挙がらない。座位でも常に痛みを感じる状態です。

    また仰向けで股関節を曲げる検査では、30°程屈曲、内転(下肢を内側に倒す)はほぼ0°。
    ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
    骨盤の右仙腸関節の可動性をアップさせる為に仙骨調整を太腿を操作して行う。

    腸腰筋の硬直も見られるので、そこも弛めると股関節の屈曲が30度→80度までアップ。

    骨盤の歪み、骨盤右側の下方変位を骨盤前面の僅かな圧迫誘導操作で調整し、下肢の動きを利用して腸腰筋と殿部の梨状筋を瞬間調整します。

    これにより屈曲も110度まで動き始め、内転も60度まで大幅に改善しました。座位での膝上げも10センチほど挙げることが出来ました。

    当初は関節の変形というよりも、周囲の筋肉や筋膜も制限が強いことが分かりました。この施術を継続することでいい状態をキープできると思います、とお伝えするとNさんも非常に喜んでいました。
  • 2017/04/27
    高度整体〜強い膝の痛み
    80代のKさん、先週初診で来られました。

    主訴は左膝の強い歩行痛あり、特に立ち上がる時には痛みが増強します。

    通常の膝関節痛とは少し異なり、夜間就寝時に痛みが発生することがあります。
    ━─ー━─ー━─ー━─ー━─ー━─ー
    施術を始めます。
    先週の初診時には、膝関節に影響を与える足関節の調整を行いましたが、痛みが少し軽減したもののまだ残存していました。

    Kさんは、自力で股関節を曲げるときに併せて疼痛が引き起こされるようです。股関節を曲げるときに働く腸腰筋の調整すると、膝を曲げる動作が軽くなっていきます。

    更にPPTテクニックで骨盤調整(全身的調整)も行うことで、腸腰筋もより柔軟性がアップ。

    施術終了して、Kさんが起ち上がると脚の軽さを実感されたようで喜ばれています。

    膝関節が動く時には、股関節にも動きが伴います。腸腰筋の異常収縮状態では、股関節の曲げる動きに大腿四頭筋にも大きな影響を与え膝関節の痛みを生じさせたと思われます。

    関節の痛みと思っていても、遠隔の筋肉が原因の場合が多いので、もしいろいろ調整しても治らない時には、お気軽にご相談ください。
  • 2017/04/20
    ゴールデンウィーク期間の営業について
    4/29(土曜) 昭和の日  休み
    5/ 3(水曜) 憲法記念日 休み
    5/ 4(木曜) みどりの日 営業(am9:00〜pm7:00)
    5/ 5(金曜) こどもの日 営業(am9:00〜pm7:00)

    ※5/6(土曜)は平常通り営業しています。
  • 2017/04/01
    高度整体〜肩関節の激痛へのアプローチ
    一ヶ月ぶりにいらしたDさん。
    左肩はもとより肘関節も動かせない状態で来院されました。特に理由はなく、夜寝ていたが、急に肩の痛みを感じ始めたとのことです。

    患部の状態としては、左肩の前は触れるだけでもビクッと強い痛みを感じます。左肘関節を曲げることもままならない状態です。

    考えられるのは、一つは肩関節周辺の筋肉に石灰が沈着した場合です。(このように話しましたが、Dさんは保険証を紛失していてので、病院には行けないとのこと。当院での治療を一先ず希望)
    =ー=ー=ー=ー=ー=ー=ー=ー=ー
    このように殆ど動かせない場合は、患部をムリに動かすと悪化してしまいます。

    Dさんは仰向けになってもらいます。背中の筋肉操作で左肘関節を徐々に曲げていきます。背中の筋肉操作中は左肘関節の痛みは薄れて、90度位まで曲げられました。

    次に前腕の輪状靭帯の整復操作をすると、左肘の曲げれる角度は更に大きくなりました。

    また頚椎軸調整、指からのアプローチをしてようやく左肘の曲げる角度は正常域になりました。痛みも左肘については相当減少してきました。

    なお左肩の痛みは、まだ残っていますが、立位では、当初の右手で左上肢を支える状態から変化しました。右手で支えなくても良くなったようです。

    今回の施術はこれまでです。
    =ー=ー=ー=ー=ー=ー=ー=ー=ー
    翌日、保険証を再発行して病院に行きましたが、やはり肩関節の石灰沈着性腱板炎だったようです。
    ただ、行く前には幸いなことに肩関節の激痛は殆ど減少していたので非常に喜んでました。
  • 2017/03/30
    <高度整体>仙骨の痛み〜ぎっくり腰の施術 30代女性
    寒暖の差が激しいこの1−2週間、ギックリ腰の方が増えつつあります。
    朝方の洗面時の姿勢などには特に注意してくださいね!

    Bさんは数年ぶりに来院されましたが、掃除して立ち上がる時に腰を痛めました。体を左右に捻じるのは比較的動けるのですが、腰を曲げたり、特に伸ばす(反らす方向への)動きは強い痛みを伴っています。

    仰向けで施術をスタートします。
    こうした強い痛みの腰痛の場合、仙骨(仙椎)という骨盤の中央部の歪みが表れていることが多くあります。

    Bさんの場合には、仙骨の右側が上方に、左側が下方に歪んでいました。図の腸骨からアプローチして調整する方法もあるのですが、より負担の少ない下肢の筋肉を使って仙骨を調整する方法で行いました。

    この仙骨調整の利点は、歪んでいる部分は圧痛が強いんですが、調整しながら圧痛の軽減を患者様が感じつつ行うことができることです。最初は非常に痛いが、次第に痛みが取れていくので、患者様自身も改善を実感できるのです。

    仙骨左右の歪みを調整すると、腰の動きがかなり改善してきました。また、体を反らす動きには、痛みが残存しているので、膝周辺のポイントを押さえつつ動いてもらうと痛みが減少して動かしやすくなります。

    動きが楽になる=痛みを発生している軟部組織が柔軟性を帯びてくることを表しているので、これからの回復が早くなってきます。
  • 2017/03/02
    手首の痛みを「同調」テクニックでアプローチ
    ご近所に住んでらっしゃるPさんは、庭先でブロックを持ち上げた時に、右手首、右肘を捻って痛めて来られました。

    数回の施術を経て右上肢の痛みは、大方引いてきました。

    ただ右手首を小指側に真横に動かす時は、まだ痛みを感じていました。

    古武術由来の同調(シンクロ)を使い、反対側の左手首に操作します。もちろん左手首は痛みはないので、その「痛みがない状態の左手首」と右手首を同調させます。特殊な手法ですが、Pさんは右手首の動きは楽になりました。

    ある痛みに対して、施術者→患者さまへのシンクロも可能です。うまくいくと驚きますよ(^.^)
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7

店舗情報詳細

店舗名 けんせい整骨院
ジャンル
  • 接骨・整骨
  • 整体
  • 健康・美容サービスその他
住所 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目41−19
アクセス

南浦和駅東口から徒歩5分、弁天公園を目印にしてください。

最寄駅

  • 南浦和駅から290m
  • 武蔵浦和駅から2.3km
  • 浦和駅から1.8km

バス停

  • 駅前通りバス停から50m
  • 南浦和駅東口バス停から150m
  • 南浦和二丁目バス停から340m
電話
電話で予約・お問い合わせ

048-881-0584

本日の営業時間:
  • 9:00~13:00
  • 15:00~19:30

お問い合わせの際は「エキテンを見た」とお伝えください。

お電話がつながらない場合は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

メール
予約
URL
駐車場 なし
  • 近くにコインパーキングがあります。
クレジットカード VISA / MasterCard / AmericanExpress / JCB / Diners
  • 保険外施術のみご利用下さい。
用途
メニュー

二次元コードを読み取ってスマートフォンからアクセスできます。

HTMLタグをブログに貼り付けて、お店の情報を掲載しよう!

投稿された写真

店舗関係者の方へ

無料で、あなたのお店のPRしませんか?

お店が登録されていない場合はこちら

既に登録済みの場合はこちら