広島駅のゲルマニウム温浴を受けられるお店・施設

国内最大級の店舗・施設の検索・口コミサイト

広島駅周辺のゲルマニウム温浴を受けられるお店・施設

(全2件)
1 - 2件を表示(全2件)

土日祝営業、当日予約可〜五十肩、腰痛、産後の骨盤矯正が得意〜

整体 鍼灸 マッサージ

  • 行きたい
松鶴堂鍼灸治療院広島本院の写真
松鶴堂鍼灸治療院広島本院の写真
松鶴堂鍼灸治療院広島本院の写真
松鶴堂鍼灸治療院広島本院のスタッフの写真
4.85
632
65
  • 広島駅から400m ( 広島駅新幹線口から徒歩5分。1階の店舗のほっともっとのお弁当屋さんがあるビル内にあります。場所がわからない場合は電話で誘導いたします。 )
  • 広島県広島市東区光町1丁目11−5チサンマンション306号
  • 9:30 - 20:30 定休日:なし
  • 日祝OK
  • カード可
  • 駐車場有
  • ネット予約
  • クーポン有
  • 出張・宅配あり
土日祝も営業。緊急時の当日予約も大丈夫、平日19時最終
マッサージご希望の場合は1対1施術のため予約時にお知らせください。男性女性の指名可。平日限定のお得なクーポンご利用ください。
このお店の口コミ
初めての美容鍼でした 痛いのかなあ?と最初は凄く怖かったんですが少しチクッとするくらいで10分置く時間は眠ってしまうほど気になりませんでした。 まだ一回しかしてないので肌が良くなったかどうかはわかりませんが続けて行ったらきっといいと思うのでこれから通いたいと思います!続きを読む

頑張る人を応援し、元気な毎日を支えます。

整体 マッサージ

  • 行きたい
ほぐし処利休 新幹線口店の写真
ほぐし処利休 新幹線口店の写真
ほぐし処利休 新幹線口店の写真
ほぐし処利休 新幹線口店のスタイルの写真。足三里(スネ)揉みほぐし
3.79
11
6
  • 広島駅から270m ( 広島駅新幹線口から徒歩3分 シェラトンホテル向かい、1Fマックスバリュー )
  • 広島県広島市東区若草町11−2グランアークテラス2F
  • 12:00 - 21:00 定休日:なし
  • 日祝OK
  • 夜間OK
  • カード可
  • 駐車場有
  • クーポン有
【広島駅新幹線口徒歩3分】足技☆心地よい揺さぶりでもみほぐす
ほっとする別空間…和で統一された癒しの店内でココロとカラダを解放☆身体も動かせるボルダリングジムも併設!
このお店の口コミ
なかなか珍しく足でもんでもらえるマッサージ店です。 足もみの絶妙な施術がなんとも言えない気持ちよさで、たまりません。 痛いとこにしっかりきいて、懲りもスッキリ取れます。 場所も駅近くで、とても便利です。 ご用の際は是非オススメです。続きを読む
の空間で施術に身をゆだねてみませんか。 ★ゲルマニウム温浴が人気です★ 『ゲルマニウム温浴』とは手と足だけをお湯につける20分ほどの温浴のことです。 身体の先端は一番冷えやすい所でもあります。 その

指定条件に近いお店

フィットネスクラブ・スポーツジム 銭湯・スーパー銭湯

  • 行きたい
3.19
1
-
  • 元宇品口駅から230m ( 徒歩3分 )
  • 広島県広島市南区宇品西4丁目4−18ポートピア宇品 一階
このお店の口コミ
五味常明先生の著書に影響されて最近岩盤浴目的で通い始めました。 通いやすい場所に手ごろに岩盤浴が出来る施設があって嬉しいです。 60分が千円+税。回数券もあります。 初回はこれに事務手数料が必要です。あと顔写真2枚の提出もしました。 受付で手続きしたのち作務衣と岩盤の上に敷くための大判タオルを受け取ります。 更衣室でシャワーを浴びて作務衣を着、岩盤浴室に行き大判タオルを敷いた岩盤の上に寝そべります。 すぐに汗が出る、というのが岩盤浴の特徴のようですが私は汗がすぐ出る時もあればなかなか出ない事もあります。 それまで全然感じてなかった身体の冷えを強く感じたりすることもあります。 また通常は15分に1度くらい浴室から出て休憩をするといいらしいですが、私は10分と入っていられない事もあれば時間いっぱいずっと入っていて平気な事もあります。 いずれにしても浴後は爽快です。 岩盤浴中はひたすらボーっとしてます。 岩盤浴の効果は休憩室などに掲示されています。あと外部の情報だと五味先生の著書の他、五味クリニックのサイトなどでも確認出来ます。特に美容効果に期待が膨らみます。 シャワーの後に身体を拭くタオルは持参した方がいいと思います。 スタッフの方は皆様親切で、毎回気持ちよく利用させていただいてます。 これからの季節、岩盤浴がいっそう気持ち良くなりそうなのでますます楽しみです。 エ・ビューはフィットネスクラブもあり何か楽しそうだし利用してみたいんですが、身体を動かすのが超苦手な私はどうも逡巡してしまうのだった・・・まあ、おいおい考えます。続きを読む

閲覧履歴