CurryEaterのマイページ(トップ)

店舗の口コミ・ランキングサイト

ようこそゲストさん

閲覧履歴履歴削除

閲覧履歴を読み込み中です。

閉じる
×
プロフィール写真

CurryEaterさん

吉祥寺駅

tomo様、チャイお好きなんですね。日本のインド料理店でも各店で個性の違うチャイを出していて、飲み比べるのが楽... >プロフィールを見る

CurryEaterさんの投稿ジャンルランキング(累計・毎週月曜更新)

CurryEaterさんが100位以内にランクインしているジャンルを表示しています。(最大5件) ランキングとは

  • 岩手県 × カレー グルメ
    2
  • 東京都 × グルメその他 グルメ
    4
  • 岐阜県 × ネットカフェ お出かけ・レジャー
    5
  • 大阪府 × 中古ゲーム・CD・DVD 暮らし・生活
    7
  • 宮城県 × カレー グルメ
    13

ランキングをもっと見る

最近投稿した口コミ

私がここでよく食べていたユッケジャン・クッパ。お汁が真赤っかでございます。お汁・飯・具の分量バランスも良くて飲んだ後に丁度良い感じ。辛みも丁度良いと思うなぁ〜。

トヤジ 西荻窪駅/ 韓国料理

グルメ
4.5
投稿日:2017/04/13

西荻柳小路の韓国豚肉料理のお店。乾燥野菜のスープが一番好きだったりするけど...

 西荻窪で飲んだ後で「何か食べたいなぁ」なんて時よく行くお店がこちら<韓国料理 トヤジ>さんです。南口側へ出て路地に入りクイクイっと曲がった先の通称“柳小路”にあります。
 並びの他のお店同様とても小ぢんまりした店舗ですが、焼肉店や韓国料理店にありがちな重厚感というか渋さみたいなのが無く、誰でも「ちょっと入って軽く飲み食べしてみようか」なんて思うような気軽さがあるのが良いのです。まあ、西荻っぽいというかね。それでいて、料理は中々ウンマい。さらに軽いものから肉をドドんと焼くボリュームのあるものまで色々あるし。

 ええ〜っと、大概ここに行く時っていうのはエエコロ加減に酔っぱらっておりまして...(汗)、品名とか値段とかあんまり覚えておりません。なので今回のレポートはかなり大雑把なものになるわけであります。が、最前申しましたように料理は中々ウンマくてバリエーションも豊富。私はありつけてませんが、ケジャン等季節限定のメニューなんかも時々出たりするようなので、最近人気が高まっているらしい西荻に遊びに出かけられた際ご夕食に如何かな、なんてんでご紹介する次第(うぃ〜、夕べの酒が抜けてないのか調子が出ない(汗))。

 飲んだお店の次はというと、とりあえずは汁物でしょうかね。ラーメンも良いんですが、私の場合はユッケジャン・クッパ。野菜・山菜いっぱいの辛い雑炊です。牛テールのお肉もいくらか入って栄養バランスが良く、食物繊維も摂れるんでマストのアイテム。以前は西武柳沢のお店に行ってましたが、そのお店亡き後今はここが一番。写真の通り見た目真赤ですが、“激辛”なんてリディキュラスな方向に向かわず、韓国料理的に普通の味のある辛さなのが良いッス。酒飲んでへばった胃袋がしゃんとしてくれるような。

 そんなわけで、焼酎のロックを1〜2杯やって、ユッケジャン・クッパをざくざくっと掻き込んだらお勘定してすぐ出ちゃう、っていう使い方をしておるんでありまするが、その日は一軒めがここ。素面での訪問。なのでちょとオーダー変えてみました。


 この日オーダーしたのは
   アボカド・チャンジャ 値段失念。たぶん600円程度
   ウゴジ・へジャンク 880円
   ポッサム(中) 1580円


 他に焼酎ロックを何杯か頂きましたが、グラス売りは日本製焼酎のみだそうです(クロキリ?)。

 酔ってても写真だけはきちんと撮っているのがCurry Eaterの偉いところ(汗)。記憶がまだらなので、以下写真を見つつレポート。

 メキシコのアボカドを本国でも使うのか否か未確認ですけど、我が国で最近人気が出て入手もし易くなったので、こんな組み合わせを考えてみましたよって感じなんでしょう。
 ざっくり切ったアボカドの上にチャンジャをトッピングしただけですが、しょっぱいチャンジャと植物性油脂たっぷりのまったりアボカドはけっこう相性が良いようで、お酒のお供にもナイス。

 ポッサムは叉焼ぽくもある茹でた豚肉。それを添えてある薄切り大根メインのキムチ的野菜の和え物と一緒に白菜で巻いて食べるというもの。豚は勿論ウンマいんだけど、添え物の野菜和え物がやたらと美味。ウンマいんですよ〜♪ これだけお代わりしたいと言ったら「できませ〜ん」とニコっと笑って断られちゃいましたとさ。

 で、ででで、この日初めて食べて滅茶苦茶気に入った料理。それがウゴジ・へジャンクであります。済州島の料理だそうで、ウゴジの方だったかへジャンクの方だったか、独特の乾燥野菜の意味で、それを牛テールで出汁を取ったスープで煮込んだ物なんです。何しろその出汁がウンマい〜♪
 それからというもの何度か頂いておりますが、出汁は都度取るのか、日によって強弱あるんですけど、いずれにしろウンマくてはまっております。ユッケジャン・クッパの飯抜き位に思っておったのですが、オーダーして正解!私的に大発見でありますね〜♪

 んなわけで、飲んだ後行っても飲む前に行ってもご機嫌な<韓国料理 トヤジ>さん。西荻柳小路で避けて通れない重鎮店なので、是非行ってみて下さいネ。おしまい〜♪

予算: 3,060円

ソパデカサに入っていた巨大牛テール。でかいでしょ? 骨に肉がへばりついて中々外れず、ちょと苦戦。でもやっぱ肉は骨付きが良いったら良いのです。

アルコイリス Arco Iris 五反田店 五反田駅/ レストラン

グルメ
4.5
投稿日:2017/04/04

大ボリュームだけど優しい味わいの料理はどれも和みまくり。たっぷり食べても意外と安上がり♪

 馴染みになった西荻窪のテキーラバーの皆さんと月一のグルメツアーその2でございます。つい先日行ってきました。今回は南米料理がテーマ。それも“できるだけ現地の食材が使われていて本場っぽいお店に行きたい”ということで、予算も含めあれこれ調べた結果選ばれたのがこのお店<アルコイリス>さんでありました。
 まあ、メインの食材は肉も野菜も日本で手に入る新鮮なものを使っているようでして、豆類やパスタ等の乾物と料理のタレに使うホットソースのみペルー産のようでしたが。

 今回は私を入れて4人が参加。まあ、南米ですからお肉たっぷりだろうと予想が付きますし、全員ガッツリ行くぞ!というモードに入ってます。


 この日オーダーしたのは
   セビーチェ 1750円
   チョロス 1100円
   アグアディト 1400円
   チチャロンデ・ペスカード 2200円
   パリヤダ 3000円
   アロス・コン・レチェ 450円×2


 んんん〜、メニュー見て店長の説明聞いて慎重にオーダー決めたんですがね、次々到着する料理の盛りが凄い! なのでガッツリ・モードだったのに5品で満腹という結果に。デザートも私ともう一人が頼んだんだけど、食べきれないということで私が残りを平らげました。このグルメツアー、私だけが得をしているみたいで、いや、どうも恐縮です(最年長なんだけどね(汗))。

 料理のボリュームはグローバルですが、お味はどれもあっさり塩味みたいな軽る〜いもの。こってりしたソースがかかってたりしません。なので我々日本人にも非常に馴染み易いと思います。
 最初の2品は前菜のつもりでオーダーしたもので、味と食材がちょとカブりますがレモンの酸味、揚げトウモロコシ(ペルー産)のカリカリっとした歯応え、野菜のシャキシャキ感が気持ち良く、さくっと完食。
 次のアグアディトはコリアンダーのスープか!? と思いきや鉢の底にたっぷりご飯の入った雑炊。おっと、こりゃスターターだけで満腹してしまうじゃないか等と言い合いながらも、ウンマくて気が付いたら完食してました。
 で、こっからがメイン・ディッシュ。白身魚のフライ=チチャロンデ・ペスカードとソテーした肉の盛り合わせ=パリヤダです。そろそろ前菜のボディ・ブローが効きだして食べるスピードが落ちてきますが、タレのホットソース(ペルー産唐辛子のオレンジ色)がウマ辛で、それで勢いをつけて何とか食べ切ったというところ。
 パリヤダは確かに盛りが良過ぎるくらいだけど、4人でなら楽勝でしょ、な〜んて思ってたら意外と厳しかったみたい。

 この他お酒も各自2杯位やっていたようだし、ラストお茶ももらったような。でもお勘定して4等分してみると4000円強で上がりました。滅茶苦茶コストパフォーマンスが良いのです。

 というわけで大満足のペルー料理。やはりシンプルなレシピと分かり易くクセの無い味覚なのが良いと思います。参加者全員このお店を気に入ったようですが、実はその後日浜松町で用事を済ませた帰りに単独で再訪してしまいました。


 単独再訪でオーダーしたのは
   クリスタル・ビール(小瓶) 750円
   ソパデカサ 1300円
   ビステ・コン・フレホル 2200円


 そんなにお腹空いてなかったんですが、気が付いたら2品も料理頼んでました(汗)。
 ペルーで人気というクリスタル・ビールは想像通り軽る〜い飲み心地でナイス。最近日本製ビールが重く感じられ、あまり飲んでなかったので、ビールは久しぶり。プハァ、ウンマい♪
 ソパデカサは一見野菜スープなんだけど、一緒に大量のマカロニに加え必殺巨大牛テール(骨付き)が入ってかなりのボリューム。お味はやはり優しい塩味になっていて食べ易いんですけどね。牛テールは皿に取り出して難儀しながら肉を骨から外し頂きました。
 で、ビステ・コン・フレホル。ビーフステーキと豆って意味かな。日本米のご飯までついてこれもけっこうなボリューム。ホットソースをたっぷりかけて頂きます。肉も良いけど、豆煮込みが中々にウンマい。柔らかに煮えた豆とご飯を混ぜて一緒に食べてもウンマい。良いッスね〜♪

 この日は他にお客さんがおらず、幼少時に親に連れられ沖縄からボリビア〜アルゼンチンに移住したという店長のよもやま話を聞きながら、まったりと食事。ボリビア〜アルゼンチン? じゃあペルーは? って聞いてみたところ奥さんがペルー人なんだとか。
 生まれは日本でも外国育ち。だからなのか独特の批評眼というか視点を持っておられ、私のようなひねくれ者には話して楽しい方のようでありました。五反田は遠いけどまた行ってみたいですねぇ♪

予算: 4,250円

お通しはこの小鉢2つ。なんてことはないようでいて中々気の利いた仕上がり。料理を待つ間これとお酒のコンビが上手にもてなしてくれます。

有限会社陸蒸気 中野駅(東京)/ 日本料理 , 居酒屋

グルメ
5.0
投稿日:2017/03/27

新鮮かつ大ボリュームの和のシーフードが嬉し過ぎる青森直送炭火焼のお店

 馴染みになった西荻窪のテキーラバーの皆さんと月一のグルメツアー。2月中旬に行ってきました。「原始炭火焼き」なんてけったいな売り文句付けてたりしますが、実に古典的な炉端焼きのお店<陸蒸気>さんです。とにかく新鮮で大ぶりな魚を目の前で焼いてくれ、ガシガシ食べられるというので有名らしい。
 実は以前から目を付けていたお店でして、誘われて一も二もなく飛びついた次第。初めてのお店だし、大勢で繰り込んでアレコレいろいろと食べたいし。
 しかし土日祝がお休みというのがネックになって、参加は私を含め3名ということに。んんん、人数少ないといろいろ頼めないかも、だけど一人当たり分け前増えるかも(汗)...等とポジティヴに考え直しGo!Go!

 中野駅北口から徒歩数分。信号機やらローカル線の駅名表示板を模した看板やらがあります。何故鉄道関係なのか? 経営者が鉄ヲタなのか? そもそも何故陸蒸気? 気になりつつ店内へ。

 やや暗めなエントランスから1階中央を見ると大きな囲炉裏でガンガン炭を燃やしていて、オレンジがかった炭火がくっきり目に飛び込んできます。もうこの時点で一同「オオーッ」てなことに。期待と興奮MAXであります。
 んで我々が案内されたのがその囲炉裏をぐるっと取り囲むように設えられたカウンター席。席に着いても興奮は衰えず、次々炭火の周りに串に刺した魚が並ぶのを見ては「あれは〇〇だね」「その隣のウンマそうなのは何て魚?」とオーダーするのも忘れて目が釘付けの状態(汗)。
 魚は季節ごとは勿論その日その日でも若干品揃えが変わるようでして、スタッフさんのおすすめを聞きながらオーダー決めました。

 この日オーダーしたのは
   お造り(魚種失念。ほらほらあれですよ、お魚界のセレブ的な...)
   きんき
   にしん
   ほっけ
   ぶり

 3人で繰り込んで5品とはちょと少ない気もしますけど、何しろ1品1品がけっこうなボリューム。魚に火が通るのに時間がかかるということで、オーダーはまとめてしたわけですが食べ終わった頃には追加オーダーする余裕もない位お腹一杯♪ 呑み助3人組なれどお酒入る余裕がもう胃袋に無いって位でしたねぇ。普段大喰らいでならす(汗)私ですが、魚だけでこんなに満腹するとは...んん〜、歳か?(涙)

 グループで行くグルメは若干注意力散漫になりまして、1品毎の印象もやや大雑把に。お腹一杯に加え焼酎のオン・ザ・ロックも頂いて良い心持ちにもなっておりましたし。
 ただどれも新鮮で身がぷりぷり、脂ものって、ウンマいったらありゃ〜せんワイ♪ って感じだったのは確か。使っている塩も岩塩等隠し味的に使っていてそれもウンマいのです。

 お造りは、口に入れた瞬間から新鮮なのがよく分かる噛み心地抜群のナイスなもの。それとお通しの小鉢2つで焼酎を舐めながら炭火焼料理の到着を待ちます。

 きんき、にしん、ほっけと次々到着する魚の素敵なお姿に唸りながらガンガン食べていくわけですが、身が大きいのもさることながら脂がのって食べ応えもかなりなもの。予想外にお腹が膨らんできてしまいます。そこへトドメともいうべきぶりが到着。もうコッテリ感いっぱいのぶり。ウンマいんだけどお箸が進まないというまさかの状況に。
 私がいて食べ物を残すなどありえないことではありますが、その私もけっこうな苦戦をしながら残りを平らげたわけです(なんだ、結局全部食べたんじゃん!?)。

 今回はお勘定を全て幹事一任。総合計が3人で諭吉さん2枚弱といったところでした。お腹いっぱいでお酒が進まず、高級居酒屋ですが思ったよりかお安く上がったようです♪

 てなわけで大満足の和のシーフード・グルメ。このお店はまた行かねばと思っておりまっス〜♪

予算: 6,000円

最近投稿された写真

やっぱり追加してしまったイディリ。もっちり仕上げで香りは薄め。サンバル&チャトニでぐしゃぐしゃパクっと頂きます。 ダクシン八重洲店

これも追加。目の前でウンマそうに焼いていたラヴァドーサをハーフサイズで。私好みのバリカタではありませんが焼き立てでナイス♪ ダクシン八重洲店

常連さんのスペシャルオーダーを撮らせてもらいました。南アジアの疑似中華焼きそば=チョウメン(炒麺?)。中々です! インドレストラン ムンタージ

もつ野菜炒め定食770円でありまする。おかずもご飯もたっぷりで大満足でありまする〜♪ 大黒屋そば店

もつ野菜炒めのアップ。もつと野菜の組合せはあんまり見ないけど、ここのは火の通りが良い感じで軽快な塩味なのが良いッス。気に入ってます〜♪ 大黒屋そば店

先ず登場したのはこのスープ。たっぷり生クリームで確かに甘く、グジャラーティーのイメージ通りなのです。 カジャナ

エキテンポイントをためてドットマネーに交換しよう